メモリを増築する

何をやったか

サブ機の空きスロットにメモリを差した。

なぜやったのか

情報系の勉強をしているくせにPCの分解やメンテナンスなどをろくにやってこなかった。そのためこのあたりの知識は足りていない。でもせめてメモリ増築くらいはできたほうがいいなとは前から思っていた。
Webカメラを買いに商品券を握って某所まで行ったら、サブ機のメモリがたまたま売っていて総額が商品券の金額内に収まりそうだったから買って増築した。

メモ

今回の増築について、↓のページを参考に作業を行った。

Lenovo L530 メモリ4GB→12GBへ換装してみた | Dosanko Blog

増築したPCについて

今回はLenovo L530のメモリを増築した。なお私の持っているものはバッテリー以外何も変えていない。

使用したメモリ

CPU-Zで使用しているメモリを事前に確認していた。
今回はCFD DDR3-1600 PC3-12800 1.5v 204pinの4GB(D3N1600PS-4G)を購入。
Amazonに同型のページがあったため貼っておく。

https://www.amazon.co.jp/PC3L-12800-DDR3L-1600-1-35V%E5%AF%BE%E5%BF%9C-SO-DIMM-D3N1600PS-L4G/dp/B00GRR09SS/ref=pd_ybh_a_3?_encoding=UTF8&refRID=WMCFWY4BEFNZ90W4E2ZN&th=1

ちなみに購入する際に店員さんから「古いPCに搭載されているメモリと今販売されているメモリではDRAMチップの数が違うため、そこで合わなくて使用できない場合がある」といったことを教えてくれた。
元から差さっているメモリのところまで分解していないため結局どうだったのかわからないが、一応これで認識できたということは書いておく。

作業手順

参考にしたページと同じ手順でやった。
写真撮るの忘れたので、画像は参考にしたページに行って見てほしい。

  1. バッテリーを抜く

  2. 天板のねじを緩めて天板をはがした

  3. スロットに対して斜めに差しそのまま倒す(斜めに差しているときはそのまま自立している必要がある、倒すときにはちょっと押さないといけない)

  4. 天板をもどしてねじをしめ、バッテリーをつける

この作業を終わらせた後、CPU-Zを立ち上げMemoryのChannel #がDualになっていること、SPDのSlot #2に差したメモリの情報があることを確認する。

わからなかったところ・あやふやなところ

  • DRAMチップの数が今と昔で違う理由

その他

メモリってなにも力を入れずにカチッとはまるものかと思ったけど、倒す際にちょっと力いるのね。
倒すときに折れそうだなと思ったけどできて良かった。